0562-83-8100
お問い合わせ
営業時間: 平日08:00〜17:30
HOME > 施工について > テント倉庫に使うシートの選び方

テント倉庫に使うシートの選び方

幕構造建築物とテント倉庫建築物について

膜構造の建築物というと以前のサーカステントのような仮設式のものが思い浮かぶかもしれませんが、技術的な進化もあり、膜構造の建築物も一般的な建築物と同じく建築物として扱うべく、国土交通省告示 第 666 号により「膜構造建築物」が、国土交通省告示 第 667 号により「テント倉庫建築物」がルール化されることとなりました。

幕構造建築物とテント倉庫建築物の具体的な違いについて

幕構造建築物とテント倉庫建築物では延べ床面積、軒高、利用目的に違いがあります。

テント倉庫建築物※ 平成14年度国土交通省告示第667号の適用の範囲等・ 用途が倉庫であること。・ 延べ面積1,000㎡以下で階数が1であること。・ 軒高5m以下であること。

上記の他に、屋根形状、膜素材の固定の仕方、幕素材、基礎工事などにも条件が存在します。

膜構造の建築物※ 平成14年度国土交通省告示第666号の適用の範囲等・ 上記の3点の条件が揃わない場合

膜構造の建築物については具体的には、荷捌きテント、通路テント、簡易テント倉庫、機器保全用の開放型簡易テント(風雨等除け・防音等)、日よけテント、駐車場や自転車置き場用の開放型テント、スポーツ用トレーニング施設、畜舎などが該当します。

幕構造建築物とテント倉庫建築物に使える素材について

膜構造の建築物というと以前のサーカステントのような仮設式のものが思い浮かぶかもしれませんが、技術的な進化もあり、膜構造の建築物も一般的な建築物と同じく建築物として扱うべく、国土交通省告示 第 666 号により「膜構造建築物」が、国土交通省告示 第 667 号により「テント倉庫建築物」がルール化されることとなりました。

テント倉庫建築物で物品を保管する場合

テント倉庫建築物で物品を保管する場合(不燃物品)

  • 保管物不燃物品地域地区防火地域延焼ライン対応延焼の恐れのある部分以外延べ床面積1,000m2以下屋根不燃、防炎*1外壁不燃
  • 延べ床面積1,000m2以下屋根不燃外壁不燃
  • 地域地区準防火地域延焼ライン対応延焼の恐れのある部分以外延べ床面積1,000m2以下屋根不燃、防炎*1外壁不燃
  • 延べ床面積1,000m2以下屋根不燃外壁不燃
  • 地域地区22条区域延焼ライン対応延焼の恐れのある部分以外延べ床面積1,000m2以下屋根防炎*1外壁防炎
  • 延べ床面積1,000m2以下屋根不燃外壁不燃

テント倉庫建築物で物品を保管する場合(可燃物品)

  • 保管物可燃物品地域地区防火地域延焼ライン対応延焼の恐れのある部分以外延べ床面積100m2以下屋根不燃外壁不燃
  • 地域地区準防火地域延焼ライン対応延焼の恐れのある部分以外延べ床面積1,000m2以下屋根不燃外壁不燃
  • 延べ床面積500m2以下屋根不燃外壁防炎
  • 地域地区22条区域延焼ライン対応延焼の恐れのある部分以外延べ床面積1,000m2以下屋根不燃外壁防炎

シート選択時の注意点については「透明不燃シート」をご確認ください。

幕構造建築物で物品を保管する場合

簡易な構造の建築物で物品を保管する場合 ※自動車車庫など

  • 保管物不燃物品地域地区防火地域延焼ライン対応延焼の恐れのある部分以外*2延べ床面積3,000m2以内屋根防炎外壁防炎
  • 延べ床面積3,000m2以内屋根不燃外壁不燃
  • 地域地区準防火地域延焼ライン対応延焼の恐れのある部分以外*2延べ床面積3,000m2以内屋根防炎外壁防炎
  • 延べ床面積3,000m2以内屋根不燃外壁不燃
  • 地域地区22条区域延焼ライン対応延焼の恐れのある部分以外*2延べ床面積3,000m2以内屋根防炎外壁防炎
  • 延べ床面積3,000m2以内屋根不燃外壁不燃

簡易な構造の建築物で物品を保管する場合

  • 保管物可燃物品地域地区防火地域延焼ライン対応延焼の恐れのある部分以外延べ床面積100m2以下屋根不燃外壁不燃
  • 地域地区準防火地域延焼ライン対応延焼の恐れのある部分以外延べ床面積1,000m2以下屋根不燃外壁不燃
  • 延べ床面積500m2以下屋根不燃外壁防炎
  • 地域地区22条区域延焼ライン対応延焼の恐れのある部分以外延べ床面積1,500m2以下屋根不燃外壁不燃
  • 延べ床面積1,000m2以下屋根不燃、防炎外壁防炎
  • 保管物不燃物品地域地区22条区域延焼ライン対応延焼の恐れのある部分以外延べ床面積1,000m2以下屋根防炎*1外壁不燃

シート選択時の注意点については「透明不燃シート」をご確認ください。

*1 :壁、柱、床、はり、階段など(屋根以外の主要構造部)に準不燃材料を使用した場合
関連法令等 建築基準法施行令109条の5 建築基準法施行令136条の2の2、建築基準法施行令109条の5の1、平成12年 建設省告示 第1443号

*2 :簡易な構造の建築物
関連法令等 建築基準法84条の2、建築基準法施行令136条の9、建築基準法施行令136条の10

テント倉庫施工時の注意点

膜構造建築物(テント倉庫など)も建築物の一種なので、建築計画時(着工前)に必ず建築確認申請を行い承認を受ける必要があります。また、法令等や、自治体等が出す条例などによって建築が制限される場所や建築が認められていない建物、建築をする際に利用が制限される素材などが存在しますのでご注意ください。

補足
都市計画法の地域地区(防火地域・準防火地域)、建築基準法上の22条区域、延焼の恐れのある部分などによる制限のほか、膜構造建築物・テント倉庫建築物については国土交通省告示 第 666 号および 第 667 号の指定などの関連法令・告知が、防火施設の設置については消防法が関係してきます。
これらの法令等とシートの利用に関しては以下のページで詳しくまとめていますので併せてご確認ください。

注意事項 (クリックすると開きます)

テント倉庫等に使用するシートについては「テント倉庫に使うシートの選び方」をご確認ください。 シート選択時の注意点については「透明不燃シート」をご確認ください。建築物の施工の流れについては「建築確認申請について」をご確認ください。 テント倉庫の建設についての具体的な流れについては「施工について」をご確認ください。

  • ※お問い合わせはお電話・FAXでも承ります。( 電話:0562-83-8100、 FAX:0562-83-1233 )

    ※お見積もりのご相談の際、設置予定の場所の写真を添付いただきますと対応が早くなります。

    ※営業時間: 平日08:00〜17:30 (稼働日は基本的に平日ですが、会社カレンダーに従います)

平林シート株式会社

〒470-2102
愛知県知多郡東浦町緒川下汐田18-1

このサイトはビニール間仕切り・テント倉庫・荷さばきテント・工場内間仕切り等の設計・施工のスペシャリスト、平林シート株式会社のウエブサイトです。

当社営業カレンダーについては こちら よりご確認ください。