0562-83-8100
お問い合わせ
営業時間: 平日08:00〜17:30
HOME > 工業用テント > 工業用テントについて

工業用テントについて

工業用のテント倉庫・膜構造建築物はその使用用途により、様々な種類があります。
時間とコストがかかる建築物に対し、通常の建築物に比べ規制が緩和されている膜構造建築物は、資材にかかるコストが低減でき、且つ、建築にかかる期間も短縮が可能であるため、恒常的に使う設備として、施設や設備の補助設備として、業務効率改善のための拡張設備として、一時的な利用のための設備として、広範な目的で利用が可能です。
また、利用するシート自体が風・雨・雪などに対する耐久性もあり、シートの特性による補助効果も期待できるので物品の保管目的に限らず、防風施設や防雨・雪除けの他、防塵・防音施設などとしての利用もあります。

テント倉庫のメリット

先に述べた通り、膜構造建築物(テント倉庫など)は一般の建築物と異なる点があります。
具体的な例としては以下の3点になります。

メリット1:ローコスト(低価格) 一般建造物と比べてコストパフォーマンスに優れています
メリット2:多様性 様々なニーズに対応可能
メリット3:短納期 施行期間が短い

膜構造建築物(テント倉庫など)の具体例

テント倉庫施工時の注意点

膜構造建築物(テント倉庫など)も建築物の一種なので、建築計画時(着工前)に必ず建築確認申請を行い承認を受ける必要があります。また、法令等や、自治体等が出す条例などによって建築が制限される場所や建築が認められていない建物、建築をする際に利用が制限される素材などが存在しますのでご注意ください。

建築基準法施工例や国土交通省告知等関連法規による規定が存在していますのでそちらも確認が必要となります。
 ・建築基準法による幕構造建築物の構造条件は建築基準法施工例第136条の指定が適応されます。
 ・幕構造建築物に関しては国土交通省告知 第666号・ 第667号が優先されます。

建築確認申請に関して ⇒

建築確認自体は建築基準法に基づく申請行為ですが、建築基準法以外にも建築物に制約を受けるものがあります。
 ・都市計画法で認められる地域地区内で、かつ、同法により認められる建物である必要があります。
 ・建築基準法および消防法に基づく防火設備の設置などの制限に従った設備・構造であることが求められます。
 ・テント倉庫で不燃物を保管する場合、消防法の取り決めに従い消火設備等を設置する必要があります。
 ・膜構造建築物の膜面の積雪荷重については特定行政庁の指定内容に準じます。
 ・建築物については自治体の条例などの規制条件に従います。

平林シート株式会社

〒470-2102
愛知県知多郡東浦町緒川下汐田18-1

このサイトはビニール間仕切り・テント倉庫・荷さばきテント・工場内間仕切り等の設計・施工のスペシャリスト、平林シート株式会社のウエブサイトです。

当社営業カレンダーについては こちら よりご確認ください。