キャンバスでNEW空間を創る
キャンバスでNEW空間を創る
HOME > 工業用テント > ネット類 > 落下防止ネット

落下防止ネット

スポーツ施設などの大型スペースの天井の崩落防止に。
避難場や施設内の空間での安全確保に役立ちます。

ネット

軽量で、網目がほつれにくい高強力ラッセル網のネットを使用した落下防止ネットです。
小さなコンクリート片から約250kgの落下物まで受け止めます。また、防炎性能を有し、太陽からの紫外線にも強いナイロン素材を使用しています。

落下防止ネット取付法

Net-One-FS工法 Net-One工法
吊り天井(システム天井)への施工を可能にした工法であり、地震災害等発生時に避難場所となる体育館・公民館をはじめ、コンサートホールやプール等の天井材の落下を防止し、より安心・安全性を高めた最新のネット工です。 主にトップライトや木毛板等の落下対策として施工を可能にした結果、災害発生時に避難場所となる体育館・公民館なその天井材の落下を防止し、より安心・安全性を高めたネット工です。各自治体の災害対策において多数の実績を積んできています。
準備工
●現地の確認を行い、施工方法、それに伴う資機材の選定を行う。
●ネット(網目25mm/15mm)の製作を行う。
●現地の確認を行い、施工方法、それに伴う資機材の選定を行う。
●ネット(網目25mm/15mm)の製作を行う。
施工に伴う足場
●足場は全面棚足場を使用する。 ●アリーナでの足場はローリング足場を使用する。
※注意点:足場上での安全確保の為、安全帯フックは手摺りに必ず掛ける。
吊り金具・アンカー設置 クランプ設置
●屋根裏の大梁のH鋼フランジに吊り金具を設置する。(ピッチは検討による。)
●中間吊り金具は基本FS-C(B)パターンとし、端部は基本FS-C(D)を使用する。
※RC梁の場合は、アンカータイプを使用する。
●壁面がコンクリートの場合、端部に取付け金具の代わりにアンカーブレートでも可能。
※注意点:高さレベルは屋根下より10cmくらいの壁面部が目途。
●大梁に支持クランプを設置する。
●2m~4mのピッチもしくは既存梁ピッチとする。
●照明の位置を確認し、ネットのレベルは照明の上にくるように設置する。
●ネットのレベルが梁上や梁下を通せるなら梁にクランプは1個で良いが、通せない場合は梁の両フランジ内々に1個ずつ取付ける。
※注意点:必ず安全帯を使用し、工具等の落下が無いように、工具には紐等を設ける。
ワイヤー設置
●ワイヤー緊張器にてテンションを掛ける。端部はワイヤークリップにて個性する。
※注意点:片側4点止め。テンションの掛けすぎに注意する。
●ワイヤー緊張器にてテンションを掛ける。端部はワイヤークリップにて個性する。
※注意点:片側4点止め。
ネット設置
●予め工場で加工されたネットを、左右の間違いの無い様に設置する。
●ポリロープにてかがり固定する。
●照明などの障害物があれば、現地で切込みを入れて加工する。
※注意点:ネットは極力弛みのないようにテンションを掛けて張っていく。
●予め工場で加工されたネットを、左右の間違いの無い様に設置する。
●ポリロープにてかがり固定する。
●照明などの障害物があれば、現地で切込みを入れて加工する。
※注意点:安全確保の為、安全帯フックは強固な箇所に必ず掛ける。
設置確認
●作業が完了した後、ネットのシワ・撚れ・接続忘れを確認し、異常があれば速やかに修正を行う。
●全ての作業が完了した後、片付け清掃を行い作業完了とする。
●作業が完了した後、ネットのシワ・撚れ・接続忘れを確認し、異常があれば速やかに修正を行う。
●全ての作業が完了した後、片付け清掃を行い作業完了とする。
※注意点:撤収時に足場上から工具等を落とさないように注意する。

テント倉庫施工時の注意点

膜構造建築物(テント倉庫など)も建築物の一種なので、建築計画時(着工前)に必ず建築確認申請を行い承認を受ける必要があります。また、法令等や、自治体等が出す条例などによって建築が制限される場所や建築が認められていない建物、建築をする際に利用が制限される素材などが存在しますのでご注意ください。

補足
都市計画法の地域地区(防火地域・準防火地域)、建築基準法上の22条区域、延焼の恐れのある部分などによる制限のほか、膜構造建築物・テント倉庫建築物については国土交通省告示 第 666 号 および 第 667 号 の指定などの関連法令・告知が、防火施設の設置については消防法が関係してきます。
これらの法令等とシートの利用に関しては以下のページで詳しくまとめていますので併せてご確認ください。

注意事項 (クリックすると開きます)

テント倉庫等に使用するシートについては「テント倉庫に使うシートの選び方」をご確認ください。 シート選択時の注意点については「透明不燃シート」をご確認ください。建築物の施工の流れについては「建築確認申請について」をご確認ください。 テント倉庫の建設についての具体的な流れについては「施工について」をご確認ください。

平林シート株式会社

〒470-2102
愛知県知多郡東浦町緒川下汐田18-1 (本社)

このサイトはビニール間仕切り・テント倉庫・荷さばきテント・工場内間仕切り等の設計・施工のスペシャリスト、平林シート株式会社のウエブサイトです。

当社営業カレンダーについては こちら よりご確認ください。