HOME > 豆知識 > ハトメについて

ハトメについて

アイレット(ハトメ)とグロメット(オニハトメ)

ハトメに使われる素材について

ハトメは利用する環境や使用する素材によって適切な強度が確保できるような素材のものを選んで用いる必要がありますが、まずはどんな素材があるかを確認していきましょう。
長く取り扱ってきた経験より、当社で利用しているハトメの材質は以下の通りです。

  • BK:真鍮(シンチュウ)

    もっとも一般的な素材。亜鉛と銅の合金で金色。

    メリット

    腐食に強く鉄錆が出ません。

    ディメリット

    鉄やアルミより強度が低い。

  • AL:アルミ

    真鍮の次によく使用されます。色はシルバー。

    メリット

    軽くて柔らかく発色が良い。

    ディメリット

    素材が柔らかく扱いづらい。

  • BN:真鍮ニッケル

    真鍮のハトメにニッケル鍍金加工が施されたもの。

    メリット

    ※真鍮のハトメに準ずる。

    ディメリット

    ※真鍮のハトメに準ずる。

    (素材:真鍮/表面加工:ニッケル鍍金)

  • プラ:プラスチック

    デザインの邪魔をしない。色は無色透明。屋内使用向き。

    メリット

    デザインの邪魔にならない。

    ディメリット

    金属に比べて脆い。

  • BB:真鍮黒ニッケル

    真鍮のハトメにニッケル鍍金加工が施されたもの。

    メリット

    ※真鍮のハトメに準ずる。

    ディメリット

    ※真鍮のハトメに準ずる。

    (素材:真鍮/表面加工:黒ニッケル鍍金)

  • ステン:ステンレス

    耐食性が高く比較的軽い材質である。色はシルバー。

    メリット

    強度・耐久性がある。

    ディメリット

    加工時に取付工具を選ぶ。

  • AL:アルミ
  • BK:真鍮(シンチュウ)
  • BN:真鍮ニッケル(素材:真鍮/表面加工:ニッケル鍍金)
  • BB:真鍮黒ニッケル(素材:真鍮/表面加工:黒ニッケル鍍金)
  • プラ:プラスチック
  • ステン:ステンレス

※これ以外に、鉄(スチール:安価でコスト重視の製品に向けな材質)も存在しますが、錆による腐食を生じやすいため当社では基本的に利用しておりません。

当社で通常使用しているアイレット(ハトメ)の一覧

サイズ 外径 内径 高さ 材質 最大荷重
#18 11.5mm 6mm 5.5mm BK
AL
#20 12mm 6.5mm 5mm BK
AL
#21 14mm 7mm 5mm BK
AL
#23 16mm 8mm 5mm BK
AL
BB
BN
#25 19mm 9.5mm 7mm BK 1.38 kn
AL
BB
BN
ステン
#28 23mm 12mm 8mm BK 1.93 kn
AL 0.55 kn
BB
BN
ステン
#30 28mm 15mm 9mm BK
AL
BN
ステン
#32 34mm 18mm 10mm BK
AL
#35 44mm 24mm 10.5mm BK
AL
BN
#40 55mm 40mm 12mm BK
AL
BB
BN
#45 70mm 46mm 13mm BK
AL
BB
BN
#125 19mm 8mm 7mm AL
#306 20mm 12mm 15mm AL
#25プラ 20.5mm 9.5mm 8mm プラ
#28プラ 24mm 12mm 9mm プラ 1.54 kn

当社で通常使用しているグロメット(オニハトメ)の一覧

サイズ 外径 内径 高さ 材質 最大荷重
#3 グロメット
(オニハトメ)
23mm 11mm 8mm BK 1.68 kn
AL
BN
ステン

ハトメの加工器具

  • ハトメ打ち用工具(手作業用)

    手でハトメをつけていく場合に利用する工具類です。

    ハトメポンチを使う際はゴム板などの上で、ハトメをかしめる際は、ハトメ打ち皿にハトメ金具(オス)を置き、取り付ける素材、ハトメ金具(メス)、ハトメ打ち棒の順に重ね、上から叩いてハトメをかしめます。

  • 全自動ハトメ打ち機(機械式)

    ハトメをつけていく際に利用する電動工具です。

    電動式のこの機械はワンアクションで生地への穴あけ、ハトメのセット、ハトメのかしめ作業の一連の作業を一括して行ってくれる優れものでハトメ打ちの作業が多い大きな制作物の際に重宝しています。

※これ以外に、ハトメパンチ(ハトメ専用プライヤー)、ハンドプレス機(バイス型/ハンドル式)などがあります。

  • ※お問い合わせはお電話・FAXでも承ります。( 電話:0562-83-8100、 FAX:0562-83-1233 )

    ※お見積もりのご相談の際、設置予定の場所の写真を添付いただきますと対応が早くなります。

    ※営業時間: 平日08:00〜17:30 (稼働日は基本的に平日ですが、会社カレンダーに従います)

平林シート株式会社

〒470-2102
愛知県知多郡東浦町緒川下汐田18-1 (本社)

このサイトはビニール間仕切り・テント倉庫・荷さばきテント・工場内間仕切り等の設計・施工のスペシャリスト、平林シート株式会社のウエブサイトです。

当社営業カレンダーについては こちら よりご確認ください。