0562-83-8100
お問い合わせ
営業時間: 平日08:00〜17:30
HOME > 問題解決 > UV対策

UV対策

地球温暖化の話があがってから幾年月。
巷では化粧品、スポーツウェア、衣料などとUV対策機能のある商品をいたるところで目にする機会が増え、既に一般常識化した感があります。
無論、建材やシートも同様の潮流の中にあり製品も販売されています。

UVメッシュシート

以前は、織物であるシートは光を通さない反面風通しが悪く、また必要以上に光を遮ってしまうため空間を非常に暗くしてしまい印象が良くなくなってしまうなんていうことをよく指摘されていました。
勿論、そうしたシートも必要性があって現在でも利用されていますが、幼稚園や保育園、学校、お子様のあるご家庭などではある程度の明るさもないと困りものです。
そんな場所では、光や風と調和しながらUVは大幅にカットする、そんな欲張りなUVメッシュシートが重宝します。

メッシュシートの利用例

現在はシートの色や種類にも幅がでてきたので利用シーンも多様化してきました。
従来のような施設の一部にとどまらず、店舗用のディスプレイなどの新しい使い方にも注目が集まっています。

  • 店舗前の日よけに

  • 学校などのプールテントに

  • 茶畑などの遮光シートに

  • カフェなどのデザインタープとして

UVメッシュシート

UVメッシュシートの特徴

・特殊加工されたメッシュシートが有害な紫外線を吸収・遮断してくれます。
・明るい空間を保ちます。
・風をよく通し、従来のシートに比べ体感温度が3~5℃低いので快適です 。
紫外線遮光率89%が快適な環境をつくります

UVメッシュシート 施工例

保育園などの幼児・児童施設ではフレームを建ててUVメッシュシートを張ったり、施設建物を生かして広く空間を確保する場合があります。
なお、下の写真のケースでは壁面に直接UVメッシュシートの庇を固定をする方法を採用しました。

  • 下から見た場合

    シートに入れた補助フレームがシートをしっかりと開きます。

  • 上から見た場合

    抜け落ちしないようにシートがしっかりと固定されています

e-shade(イーシェード)メッシュシート

e-shade(イーシェード)メッシュシートの特徴

・快適性と安全性に優れたシェード素材です。
・イーシェードは再生ポリエステルを34%使用しています 。

※シート色により、UVカット率と透光率に多少の差があります

シェードクロスメッシュシート

シェードクロスメッシュシートの特徴

・高密度ポリエチレンを使用し、UV耐候性・耐退色性に優れています。
・ネット状の編地なので、ほつれにくく通気性があり、丈夫です。
UVカット率95%。

家庭ではファッショナブルなヨシズ・簾(スダレ)などとしてご利用いただけます

  • 世界保健機構(WHO)は、子供の紫外線対策の必要性を訴え続けています。
    子供に紫外線対策が重要な理由として下記の5点を挙げています。

    ・子供時代は細胞分裂も激しく、成長が盛んな時期であり、大人よりも環境に対して敏感である・子供時代(18歳未満)の日焼けは後年の皮膚がんや眼のダメージ(とくに白内 障)発症のリスクを高める・生涯に浴びる紫外線量の大半は18歳までに浴びる・紫外線被ばくは、免疫系の機能低下を引き起こす・子供たちは室外で過ごす時間が多いため、太陽光を浴びる機会が多い

  • ※お問い合わせはお電話・FAXでも承ります。( 電話:0562-83-8100、 FAX:0562-83-1233 )

    ※お見積もりのご相談の際、設置予定の場所の写真を添付いただきますと対応が早くなります。

    ※営業時間: 平日08:00〜17:30 (稼働日は基本的に平日ですが、会社カレンダーに従います)

平林シート株式会社

〒470-2102
愛知県知多郡東浦町緒川下汐田18-1

このサイトはビニール間仕切り・テント倉庫・荷さばきテント・工場内間仕切り等の設計・施工のスペシャリスト、平林シート株式会社のウエブサイトです。

当社営業カレンダーについては こちら よりご確認ください。