キャンバスでNEW空間を創る
キャンバスでNEW空間を創る
HOME > 素材について > 不燃シートと防炎シート

不燃シートと防炎シート

国土交通省認定(不燃材料認定)適合品シート

建築基準法第2条九号及び同法施工令第108条の2に定める材料であり、
大臣認定番号が「NM-」で始まるものを含む

透明 不燃シート

品名 写真 厚 x 幅 x 長
(mm X m X m)
透光率 不燃材料
認定番号
屋外
屋根外壁
屋内
間仕切
固定
屋内
間仕切
カーテン
アキレスフネンクリア アキレスフネンクリア 0.30 × 1.00 × 20 97% NM-3411 ×
クリアクリスタル クリアクリスタル 0.28 × 1.01 × 30 90% NM-3726 ×
ユークリアシートW ユークリアシートW 0.24 × 1.02 × 30 90% NM-3410 ×
プライキャンバス
G-1025CL
プライキャンバス G-1025CL 0.27 × 1.15 × 30 85% NM-4639 ×
イーシートクリア イーシートクリア
0.49 × 0.96 × 30 84%
網入
NM-4334 ×

説明:◎-オススメ ○-適切 △-利用可能 ✕-不向き 

半透明 不燃シート

品名 写真 厚 x 幅 x 長
(mm X m X m)
透光率 不燃材料
認定番号
屋外
屋根
外壁
屋内
間仕切
固定
屋内
間仕切
カーテン
ブルークリスタル
RG3200F
ブルークリスタル 0.27 × 1.10 × 50 59.70% NM-2125 ×
クリアブライト
RG3200F
クリアブライト 0.27 × 1.10 × 50 59.70% NM-2125 ×
クリアライトロン
V-1000
V-1000 0.27 × 2.04 × 30 58% NM-3562 ×
プライキャンバス
G-1025BT
プライキャンバスG-1025BT 0.28 × 2.03 × 30 55% NM-4049 ×
クリアライトロン
V-2000-1
V-2000-1 0.40 × 2.04 × 30 34% NM-3829 ×

説明:◎-オススメ ○-適切 △-利用可能 ✕-不向き 

不透明 不燃シート

品名 写真 厚 x 幅 x 長
(mm X m X m)
幕材料
認定番号
不燃材料
認定番号
屋外
屋根
外壁
屋内
間仕切
固定
屋内
間仕切
カーテン
KT-035 KT-035 0.35 × 2.03 × 30 ------- NM-4049 ×
クリアライトロン
V-2000-1 斜光
V-2000-1 斜光 0.40 × 2.04 × 30 ------- NM-3829
e-sheet
不燃ターポリン
e-sheet不燃ターポリン 0.42 × 2.04 × 30 ------- NM-2056
ヒット100F ヒット100F 0.52 × 1.04 × 50 MMEM-9017 NM-0623
ターポロンG-3500 ターポロンG-3500 0.53 × 1.03 × 50 MMEM-0006 NM-0507
CLOSER CLOSER 0.57 × 2.04 × 50 MMEM-0058 NM-0414
FG-8F FG-8F 0.57 × 1.04 × 50 MMEM-0009 NM-0414

説明:◎-オススメ ○-適切 △-利用可能 ✕-不向き 

防炎シートと不燃シートの違い

種類 特徴
防炎シート 『防炎シート』とは、「燃えにくい」という性能を有するシートのことです。実際には、炎が当たると燃えますが、炎を取り去ると自己消火性によりそれ以上燃え広がらないという性能を有したシートのことを言います。『難燃』と同義で使われます。
不燃シート 『不燃シート』とは「燃えないシート」ではなく、「燃え抜けないシート」のことを言います。
これは、表面は溶けたり燃えたりしますが、反対面には炎がいかないので、燃え広がることがありません。


平成12年に改正された建築基準法に基づき、不燃性能試験・評価を受け国土交通大臣の許可を受けた建築材料のことを言います。

テスト:通常の火災による加熱を加える

不燃材料

  • 加熱開始後20分間は燃焼しない
  • 防火上有害な変形、溶融、亀裂その他の損傷を生じない
  • 避難上有害な煙又はガスを発生しないという材料

準不燃材料

  • 同一条件で、加熱開始後燃焼しない時間が10分間の材料

難燃材料とは

  • 同一条件で、加熱開始後燃焼しない時間が5分間の材料

※不燃材料について、厳密には以下の次の基準を満たす必要があります。
  (1) 加熱開始後 20 分間の総発熱量が、8MJ/m2以下であること。
  (2) 加熱開始後 20 分間、防火上有害な裏面まで貫通する亀裂及び穴がないこと。
  (3) 加熱開始後 20 分間、発熱速度が、10 秒以上継続して 200kW/m2を超えないこと。

関連法規:

  • 建築基準法(昭和二十五年法律第二百一号)第二条第九号
  • 改正 平成一六年 九月二九日国土交通省告示第一一七八号

テント倉庫の屋根・外壁に使うシートの選び方(参考)

平成14年国交告667号 一般的な膜構造建築物の構造関係の規定 屋根 外壁
不燃性
物品保管用
防火地域
準防火地域
22条区域
床面積1000㎡以下 延焼の恐れのある部分以外の部分 防炎
シート
防炎
シート
延焼の恐れのある部分 不燃
シート
不燃
シート
可燃性
物品保管用
防火地域
床面積100㎡以下 延焼の恐れのある部分以外の部分 不燃
シート
不燃
シート
準防火地域
床面積500㎡~
1000㎡以下
延焼の恐れのある部分以外の部分 不燃
シート
不燃
シート
床面積500㎡以下 延焼の恐れのある部分以外の部分 不燃
シート
防炎
シート
22条区域 床面積1000㎡以下 延焼の恐れのある部分以外の部分 不燃
シート
防炎
シート
平成14年国交告666号 一定の条件の膜構造のテント倉庫の規定 屋根 外壁
不燃性
物品保管用
防火地域
準防火地域
22条区域
床面積3000㎡以下 延焼の恐れのある部分以外の部分 防炎
シート
防炎
シート
延焼の恐れのある部分 不燃
シート
不燃
シート
可燃性
物品保管用
防火地域
床面積100㎡以下 延焼の恐れのある部分以外の部分 不燃
シート
不燃
シート
準防火地域
床面積500㎡~
1000㎡以下
延焼の恐れのある部分以外の部分 不燃
シート
不燃
シート
床面積500㎡以下 延焼の恐れのある部分以外の部分 不燃
シート
防炎
シート
22条区域 床面積1000㎡以下 延焼の恐れのある部分以外の部分 不燃
シート
防炎
シート
床面積1500以下 延焼の恐れのある部分以外の部分 不燃
シート
不燃
シート
 防火地区 防火地域 原則 鉄筋コンクリート造 耐火建築物
100㎡以下 準耐火建築物 屋根:不燃
準防火地域 1500㎡以上 鉄筋コンクリート造 耐火建築物
500㎡~1500㎡以下 準耐火建築物 屋根:不燃
500㎡以下 屋根:不燃
  • 不燃シートのことならお気軽にお問い合わせください

    スピーディで誠実な対応不燃シートお問い合わせ窓口

    info@e-sheet.co.jp

    お問い合わせはFAXでも承ります。( FAX:0562-83-1233

平林シート株式会社

〒470-2102
愛知県知多郡東浦町緒川下汐田18-1 (本社)

このサイトはビニール間仕切り・テント倉庫・荷さばきテント・工場内間仕切り等の設計・施工のスペシャリスト、平林シート株式会社のウエブサイトです。

当社営業カレンダーについては こちら よりご確認ください。